| ビーフンのケンミン食品

KENMIN KITCHEN みんなのレシピ

夏のおもてなし♪さわやかレモンビーフン

調理時間:60分
調理法:お鍋
カロリー:156kcal
塩分:1.6g
※ カロリーと塩分は1人前の値です。

レンゲが器になった 見ためからも涼やかな夏のビーフン♪レモンの酸味と、甘みを効かせた生姜がアクセントになった前菜メニューです!
【江上料理学院さまコンテスト優秀賞作品のレシピ】
エスニック感を少し抑え、酸味・甘みを引き立てた食べやすい味付けのメニューです。
レモンの酸味で塩分を抑え、生姜の香りや味で爽やかさをUP!ジュレはお口の中でジュワ~と溶けだしますよ♪

材料(5~6人前)

お米100%ビーフン:1袋(150g)
・オリーブオイル:適量
・レモン果汁:適量
 
【クラッシュジュレ】
固形コンソメ:1・1/2個(7.5g)
レモン果汁:大さじ2・1/2(37.5g)
砂糖:大さじ1・1/2(13.5g)
塩:適量
水:300㏄
粉ゼラチン:5g
 
【そぼろ】
鶏むね肉:100g
おろし生姜:大さじ1・1/2(17.5g)
紫たまねぎ:1/4個(25g)
酒:小さじ1(5g)
水:小さじ1(5g)
塩:小さじ1/2(2.5g)
こしょう:少量
 
【スープ】
固形コンソメ:1/2個(2.5g)
水:150㏄
塩:少量
 
【トッピング】
紫たまねぎ:1/4個(25g)
イタリアンパセリ:適量
赤パプリカ(薄切り):20枚
レモン(薄切り):20枚

作り方

1

紫たまねぎ(そぼろ用)は細かいみじん切り、(トッピング用)は繊維に沿って薄切りにする。
イタリアンパセリの葉 20枚は(トッピング用)に、茎はみじん切り(ビーフン用)にする。

2

【クラッシュジュレ】
①鍋に水(300㏄)を沸騰させる。
 火からおろし、ゼラチン以外の材料をすべて溶かす。

3

➁続いてゼラチンを溶かし、バットなどの容器に入れて冷蔵庫で冷やす。
途中、ときどき様子を見ながら数回かき混ぜてクラッシュ状にする(40分)。

4

【スープ】
スープの材料を小鍋で加熱し、煮溶かしておく。

5

【そぼろ】
そぼろの材料をすべて鍋に入れ、よくかき混ぜてから火にかける【中火】。
そぼろ状になって肉に火が通ったら、ざるにあげ、そぼろと出汁を分けておく。
出汁は4のスープと混ぜて冷やしておく。

6

沸騰したお湯にビーフンを入れ、4分ふつふつとした火加減でゆでる。
ゆであがったら水洗いをしてしっかりと水気を切る。

●ビーフンのゆで方についてはこちら

●動画で詳しく解説

7

水気を絞ったビーフンをオリーブオイル・レモン果汁・みじん切りにしたイタリアンパセリと和える。

8

レンゲにビーフンを盛り、冷やしたスープを少しかける。
上にそぼろ・ジュレ・赤パプリカ・イタリアンパセリ・レモンをのせる。

ひとさじ
メモ

ジュレが溶けないように、盛り付け直前までそれぞれ冷やしておきます。しっかり味が付いたジュレはシンプルな味のビーフンとよく合います。ビーフンのパサつきを防ぐために、水洗い後はオリーブオイルを使用し、のど越しをよくするためにスープをかけています♪

江上料理学院

1931年1月開設 楽しみながら実力がつく家庭料理の専門学校。食文化を通して、日本料理・西洋料理・中華料理、おもてなしのテクニックやテーブルマナーなど幅広く学べる。全国料理学校協会加盟校で、全国料理技術検定の級を取得することが可能。

https://www.egami-cooking.co.jp/

江上料理学院さまコンテスト優秀賞作品のレシピ