| ビーフンのケンミン食品

KENMIN KITCHEN みんなのレシピ

グルテンフリー和風とりカレーうどん

調理時間:15分
調理法:お鍋
カロリー:489kcal
塩分:5.6g
※ カロリーと塩分は1人前の値です。

つるっとした細めんのライスパスタを使って、カレー粉で作るあっさりカレーうどん。お鍋ひとつで簡単に温かい一品が作れます♪
【日本小児臨床アレルギー学会 小児アレルギーエデュケーター 管理栄養士 長谷川先生 監修レシピ】
お鍋ひとつで作れる簡単レシピです。
ライスパスタを別ゆでせずに、ひとつの鍋で一緒に煮込むことでライスパスタ由来のとろみも出て食べやすくなります。
ライスパスタはパスタメニューだけではなくアレンジ自在ですよ♪ビーフンとはまた違った、もちもち食感をお楽しみください♪

材料(1人前)

ライスパスタ:80g
鶏もも肉:40g
たまねぎ:40g(1/5個)
カレー粉:小さじ1/2~1(1~2g)
【水溶き片栗粉】
(片栗粉:小さじ2、水:小さじ2)
 
【A】濃口醤油:大さじ2(36g)
(グルテンフリーのもの)
【A】みりん:大さじ1(18g)
【A】酒:大さじ1(15g)
【A】和風だしの素:小さじ1/3(1g)
【A】水:500㏄

作り方

1

鶏もも肉は一口大に、たまねぎは5㎜幅にスライスする。

2

鍋に たまねぎ・鶏肉・【A】を入れて火をかける。
ひと煮立ちさせたら、ライスパスタを加えて約8分煮こむ。

3

最後にカレー粉と水溶き片栗粉を加えて、とろみをつける。
※とろみの加減はお好みで調整してください。

ひとさじ
メモ

カレー粉はお好みの量で調整してください♪カレー粉を入れずに「とり南蛮」としても食べられます。具材は豚肉を使ったり、なすやきのこを入れても美味しく作れます。

長谷川実穂先生

日本小児臨床アレルギー学会 小児アレルギーエデュケーター 管理栄養士
長谷川実穂先生
管理栄養士、小児アレルギーエデュケーター。昭和大学病院小児科研究補助員。「子供が喜ぶ食物アレルギーレシピ」(成美堂出版)など多数の栄養監修、「学校給食における食物アレルギー対応指針」(文部科学省)作成にも携わり、保育所や子ども食堂などで研修を行うなど、地域でも幅広く活動している。

https://www.city.aizuwakamatsu.fukushima.jp/docs/2021041500029/files/20210830_allergy_taiokensyu.pdf

人気のグルテンフリーレシピ