| ビーフンのケンミン食品

KENMIN KITCHEN みんなのレシピ

ふくさ寿司風ビーフン

調理時間:30分
調理法:お鍋
カロリー:186kcal
塩分:0.6g
※ カロリーと塩分は1個分の値です。

おもてなし料理におすすめ!ビーフンをお寿司に見立てて卵で包み込みました。秋らしい飾り付けで華やかな一品に仕上がります♪
【江上料理学院レシピコンテスト作品】
和食の袱紗寿司をビーフンで作りました。すし酢と和えたビーフンはさっぱり食べることができます。ふくめ煮にした具材もビーフンとよく合います。

材料(10個分)

お米100%ビーフン:150g
 
にんじん:1/2本(50g)
しいたけ:4枚
れんこん:50g
油揚げ:2枚
 
【出汁】
和風だし:200cc
濃口醤油:大さじ3(54g)
砂糖:大さじ2
みりん:大さじ2
■トッピング
しめじ:1/4パック(25g)
えび:10尾
銀杏(缶詰):10個
絹さや:5枚
にんじん:3㎝分
 
■すし酢
酢:大さじ4(60g)
砂糖:大さじ2(18g)
塩:少量
 
■薄焼き卵
卵:7個
水溶き片栗粉
片栗粉:大さじ1(9g)
【出汁】:大さじ2(30g)
砂糖:小さじ1(3g)

作り方

1

にんじん・しいたけ・れんこん・油揚げは粗みじん切りにする。
しめじは石づきをとり、子房に分けておく。
えびは背わたをとり、ゆでておく。
【出汁】の材料は事前に鍋でつくっておく。
■トッピング
にんじんは型抜き(もみじなど)を10枚つくる。
絹さやと一緒に1~2分塩ゆでし、冷水で洗って水気を切っておく。

2

粗みじん切りにした材料を150㏄の【出汁】で10分煮る。煮た後は、ざるにあげて煮汁を切っておく。

3

残った煮汁でしめじを軽く煮る。

4

えびにも【出汁】10ccで味付けしておく。

5

沸騰したお湯にビーフンを入れ、5分ふつふつとした火加減でゆでる。
ゆであがったら水洗いをしてしっかりと水気を切る。

●ビーフンのゆで方についてはこちら

●動画で詳しく解説

6

ゆでたビーフンをボウルに移し、すし酢(50㏄)を入れてよく和える。
和えたら、②の粗みじん切りにした具材を入れて、ビーフンと よくなじむように混ぜ合わせる。

7

卵を全てボールに割り入れ、水溶き片栗粉を入れてよくかき混ぜる。
温めたフライパンに油(分量外)を少量ひき、薄焼き卵を10枚つくる。

8

■仕上げ
薄焼き卵の上にビーフンを俵型にまとめて置く。薄焼き卵の四方でビーフンを包み込み、裏返す。
表面を大きな十字の切れ込みを入れ、ビーフンが見えるように卵を開いておく。
上に、えび・しめじ・にんじん・絹さや・銀杏をトッピングする。

ひとさじ
メモ

溶き卵は水溶き片栗粉を入れたあとは、裏ごししておくと仕上りがキレイになります。残った出汁は煮物に使用しても美味しいですよ♪

江上料理学院

1931年1月開設 楽しみながら実力がつく家庭料理の専門学校。食文化を通して、日本料理・西洋料理・中華料理、おもてなしのテクニックやテーブルマナーなど幅広く学べる。全国料理学校協会加盟校で、全国料理技術検定の級を取得することが可能。

https://www.egami-cooking.co.jp/

おすすめパーティーレシピ