| ビーフンのケンミン食品

KENMIN KITCHEN みんなのレシピ

牡蠣のみぞれ煮ビーフン

調理時間:15分
調理法:お鍋
カロリー:181kcal
塩分:3.5g
※ カロリーと塩分は1人前の値です。

ぷりぷりの牡蠣が美味しい季節にさっと作れるビーフン鍋料理です。牡蠣のうま味がでた和風だしは汁まで飲み干せる美味しさです。大根おろしのさっぱりとした味で酒肴にもおすすめです♪
【開発担当者のレシピ】
「祇園 さゝ木」の佐々木シェフが考案レシピ「牛ロースとビーフンの柳川風」を参考にしたレシピです。ビーフンは硬めにゆでることで、出汁やうま味を吸ってくれます。食材の組み合わせによって、さまざまな味を表現できます。

材料(1人前)

お米100%ビーフン:20g
牡蠣:2個
大根おろし:50g
水菜:適量
 
 
 
 
【A】かつお・昆布あわせだし:200㏄
【A】みりん:小さじ1(6g)
【A】濃口醤油:小さじ1/2(3g)
【A】薄口醤油:小さじ1/2(3g)
 
ポン酢:適量

作り方

1

水菜は食べやすい大きさにカットしておく。

2

沸騰したお湯にビーフンを入れて2分ゆでる。
ゆであがったら水洗いをして水気を切る。

●ビーフンのゆで方についてはこちら

●動画で詳しく解説

3

鍋にゆでたビーフン・牡蠣・【A】を入れて、沸騰するまで煮る。

4

沸騰して牡蠣に火が通ったら、大根おろし・水菜を乗せる。

ひとさじ
メモ

ゆでた後のビーフンは水気をよく切ることで、水っぽさがなくなります。先に牡蠣をさっと焼いておくと、香ばしくなります。お好みでポン酢につけてお召し上がりください。

冷凍商品開発・企画リーダー 新田

冷凍商品開発の大ベテラン。第一印象は怖そうに見られるが、とっても優しい家族想いのパパ。夏は見えなくなるまで肌が真っ黒に焼ける。

https://www.kenmin.co.jp/

「祇園さゝ木」佐々木浩シェフ考案レシピ