| ビーフンのケンミン食品

KENMIN KITCHEN みんなのレシピ

牛ロースとビーフンの柳川風

調理時間:15分
調理法:お鍋
カロリー:376kcal
塩分:1.0g
※ カロリーと塩分は全量の値です。

「祇園さゝ木」佐々木浩シェフ考案レシピ①
牛ロース肉の贅沢な味わいと、ダシのふくよかな旨味を煮て、ビーフンに浸透させます。
「白ごはんとおかずを口の中で混ぜて味を作る、 日本特有の食文化
“口中調味”を、ビーフンで表現しました」と佐々木さん。
米100%の「ケンミンビーフン」だからこそ実現する和食のダシとの相性の良さも、ぜひお楽しみください。

材料(直径12cmの小鍋1個分)

ケンミンお米100%ビーフン:20g
牛ロース肉:50g
全卵:1個
三つ葉:適量
粉山椒:適量
あわせダシ:50㏄ ※A
■あわせダシA(作りやすい分量)
 和風ダシ:150㏄
 薄口醤油:5㏄
 濃い口醤油:5㏄

作り方

1

鍋にたっぷりの湯を沸かし、ビーフンを2分茹でる。ザルに上げ、流水でもみ洗いする。

2

【point】両手でビーフンを包み込み、水気をしっかり絞る。

3

小鍋に1のビーフンを敷き、牛ロース肉をのせ、Aのあわせダシを張り中火にかける。

4

2が沸いてきたら溶き卵を流し入れて弱火で30秒〜1分。卵が好みの固さになれば火を止め、三つ葉を散らし粉山椒を振る。

ひとさじ
メモ

ビーフンを茹でた後、しっかり両手でビーフンを包み込み水気をしっかり絞って下さい。使うお肉の種類によっても雰囲気が変わりますので、いろいろお試しください♪

佐々木浩シェフ

「祇園 佐々木」店主
佐々木浩シェフ
京都先斗町「ふじ田」の料理長兼店長を務め、独立。全17席のカウンターで、料理人と客人、店内に一体感を生む佐々木独特のスタイルは「さゝ木劇場」と称される。「ミシュランガイド京都・大阪 2020」三ツ星。