| ビーフンのケンミン食品

KENMIN KITCHEN みんなのレシピ

ベトナムフォーのレシピ【基本の作り方】

ベトナムフォーのレシピ【基本の作り方】
調理時間:10分
調理法:お鍋
カロリー:308kcal
塩分:4.7g
※ カロリーと塩分は1人前の値です。

2024年4月MBS毎日放送「せやねん!」の「かつみさゆりのメチャ売れ!!」でご紹介いただいたレシピです。
米粉専家 ベトナム風フォーの基本のレシピです。あっさりした鶏だしベースのスープにつるっともちもちのフォーがよく合います。

●フォーの原料は何ですか?●
原料は米粉でできています。原料の米粉を水で溶いて薄く広げて蒸し、シート状にしたものを切り刃でめん状にカットした乾麺のことです。(麺帯法)
※ケンミン食品では、フォーもビーフンの1種なので、原材料の米粉を50%以上使用しています。
ツルッとした食感が特徴です。

●フォーとはどんな料理ですか?●
ベトナム北部発祥でベトナムの国民食ともいわれ、地域や具材によって大きく2つに分かれますが、スープにフォーが入った料理が多くあります。
ベトナムでは家庭料理よりも、屋台やレストランなどで食べる習慣があります。
辛味が少ない、比較的食べやすいエスニックな味付けのフォーは、日本でもレストランやコンビニでも非常に人気が高く、浸透しつつあります。
中国では河粉(ホーファン)・粿条(クエティオウ)、タイではクイッティオと呼ばれ、東南アジアではそれに類似した呼び方をしている国もあります。
タイのパッタイにはクイッティオが使われますが、ベトナムのフォーと同じめんです。

<具材の違い >
フォーボー(Phở bò):牛肉入りのスープフォー。
フォーガー(Phở gà):鶏肉入りのスープフォー。

<地域の違い >
ベトナム北部ハノイ:牛肉とネギをトッピングするだけのシンプルなものが多くあります。
ベトナム南部ホーチミン:スープも甘みと酸味のあるエスニックな味付けが多く、具材の種類も豊富で、ニラやコリアンダーなどの香菜、唐辛子などをトッピングします。

●フォーとビーフンの違いはなんですか?●
米粉と水を練った生地をシート状にし、めん状にカットした切り口が平たい「フォー(phở)」に対し、
ビーフンは主原料に米粉を50%以上使⽤し、めん状に加⼯したものの総称です。(麺帯法)
ビーフンは練った生地を小さな穴に高圧をかけて押出してめんにする製法です。(押し出し法)
ビーフンはベトナムでは「ブン」(bún)と呼ばれることもあります。
▶世界の米めんについて詳しくはこちら

材料(1人前)

米粉専家ベトナム風フォー:1袋
鶏むね肉:50g
白ねぎ:10㎝分
香菜(パクチーなど):適量
水:450㏄
油:適量
■お好みで
もやし:めんと一緒にゆでる
ライム:仕上げに絞る
フライドオニオン:トッピング

作り方

1

ベトナムフォーのレシピ【基本の作り方】_作り方

鶏むね肉は一口大にカット、白ねぎは斜め薄切りにしておく。

2

ベトナムフォーのレシピ【基本の作り方】_作り方

温めた鍋に油(適量)を熱し、鶏むね肉・白ねぎを順番に炒める。

3

ベトナムフォーのレシピ【基本の作り方】_作り方

水(450㏄)を入れて沸騰したら、フォーを入れて4分煮込む。【中火】

4

ベトナムフォーのレシピ【基本の作り方】_作り方

添付の粉末スープを入れてよくかき混ぜたら火を止める。
お好みで香菜をトッピングする。

ひとさじ
メモ

白ねぎはじっくりと炒めることで、スープに香ばしい風味が移ります。

ベトナム風フォー
ケンミンキッチン 一日一レシピ

ケンミンキッチン 一日一レシピ
ケンミン食品が毎営業日お届けするレシピ配信企画「ケンミンキッチン 一日一レシピ」です。ケンミン食品社員から有名シェフ、学生から留学生までバラエティーに豊かなビーフンレシピを配信中。

他のプチトリップ商品のレシピ