| ビーフンのケンミン食品

KENMIN KITCHEN みんなのレシピ

旨味が効いた暗殺者のパスタ風-ビーフンとトマトソースのレシピ

調理時間:15分
調理法:フライパン
カロリー:382kcal
塩分:3.1g
※ カロリーと塩分は1人前の値です。

【社長のレシピ】
日本のSNSでも話題の「暗殺者のパスタ」をケンミン焼ビーフンでアレンジしてみました。焼ビーフンの鶏だしベースの下味により、トマトジュースやホールトマト缶など、どのような食材と合わせてもできるので、簡単に味が決まります。お米のめんのビーフンだからこそ、香ばしいおこげを楽しむことができる、この商品にぴったりのレシピだと思いました。ビーフンは、めんが細いため調理時間が短く、あっという間に新感覚の暗殺者の焼ビーフンが完成します。さらに材料費は200円以下でイタリアンを満喫できる大満足レシピです。辛い味がお好きな方は唐辛子を刻んだり、量を追加していただくことで、レシピ名のとおり、辛さを楽しむことができます。

材料(1人前)

ケンミン焼ビーフン:1袋
■スープ
★カゴメ基本のトマトソース:100g
(orトマト缶orトマトジュース)
★水:100㏄
スライスにんにく:2片
鷹の爪:1本
オリーブオイル:大さじ1
パセリ:お好みで
ブラックオリーブ:3個

作り方

1

にんにく・ブラックオリーブはスライスしておく。

2

【スープ】
★の材料を混ぜ合わせておく。
※トマトの固形分も含めて200㏄になるように。

3

フライパンにオリーブオイル(大さじ1)・にんにく・鷹の爪を入れる【弱火】。すぐに焼ビーフンを置いて【中火】にする。

4

焼ビーフンの片面をしっかりパフ化させておこげを先につくる。
※フライパンが大きい場合、オリーブオイルは多めに入れてください。

5

おこげ側を上にして、■スープを全て入れる。
ふたをして【弱火~中火】で3分加熱する。

6

3分後、焼ビーフンを崩すように広げながらほぐして、程よく水分を飛ばす。
ブラックオリーブを入れて軽く混ぜて火を止める。

7

器に盛りつけ、お好みでパセリをかけてください。

ひとさじ
メモ

最初におこげの加減はお好みでつくってください。鉄のフライパンの方がおこげがつくりやすく、張り付きやすいですが、後から入れるスープ(ホールトマトと水)と一緒に剝がすことができます。テフロンのフライパンでもじっくりビーフンを焼くことで、パリッとしたおこげがつくれます。加熱を止めた後も めんがスープを吸うので、少しスープを残し気味で仕上げると、トロッとしたソースの状態をお楽しみいただけます。

高村祐輝

ケンミン食品 代表取締役社長
高村祐輝
ビーフンを誰よりも愛し、ビーフンで社会に貢献したいという熱い思いをもって、日々邁進する3代目社長。SNSも積極的に活用しながらお客さま一人一人と向き合い、丁寧にビーフンの良さをお伝えします。

https://www.kenmin.co.jp/

焼ビーフンでつくるパスタレシピ