| ビーフンのケンミン食品

KENMIN KITCHEN みんなのレシピ

ビーフンの簡単スープレシピ-野菜たっぷりで美味しいメニュー

調理時間:30分
調理法:お鍋
カロリー:318kcal
塩分:3.2g
※ カロリーと塩分は1人前の値です。

野菜をいっぱい食べられるあったかメニュー‼ビーフンを別ゆでせずに、ひとつの鍋で仕上げます♪
【日本小児臨床アレルギー学会 小児アレルギーエデュケーター 管理栄養士 長谷川先生 監修レシピ】
鍋に順番に材料を加えていくだけで作る、汁ビーフンです。ビーフンを別ゆでせずに、ひとつの鍋で一緒に煮込むことでビーフン由来のとろみがでて食べやすくなります。
干ししいたけはスライスを使って、水戻しせず、そのままスープに入れて煮込むことでうま味をプラスします。

材料(2人前)

お米100%ビーフン:100g
【A】キャベツ:大2枚(120g)
【A】もやし:1/4袋(60g)
【A】たまねぎ:1/4個(40g)
【A】にんじん:1/5本(20g)
【A】ニラ:3~4本(10g)
にんにく:1片(5g)
生姜:1/2片(5g)
干ししいたけ(スライス):約10枚(3g)
塩こしょう:適量
水:600㏄
ごま油:大さじ1(12g)
 
【B】塩:小さじ1/2(2.5g)
【B】鶏がらスープの素(顆粒):小さじ2(5g)
【B】和風だしの素(顆粒):小さじ1(2.5g)
【B】酒:大さじ2(30g)
 
■水溶き片栗粉
片栗粉:大さじ1(9g)+水:大さじ1(15g)

作り方

1

にんにく・生姜はみじん切り、キャベツはざく切りにする。
たまねぎは薄切り、にんじん・ニラは食べやすい大きさに切る。

2

温めた鍋にごま油を熱し、にんにく・生姜を入れて【弱火】で炒める。
香りが出たら【A】を炒める。

3

全体に軽く火が通ったら水(600㏄)・【B】を加えて煮込む。

4

煮立ったら【弱火】にして、干ししいたけ・ビーフンを入れて、ビーフンが柔らかくなるまで5~6分程度かきまぜずに煮込む。

5

塩こしょうで味を調え、ビーフンがやわらかくなったら火を止める。
水溶き片栗粉を加えて再度 火をつけ、とろみがつくまで加熱する。

ひとさじ
メモ

野菜はお好みでOKです。
市販の野菜炒め用ミックス、にんにく・生姜はチューブタイプのものを使用すると手軽につくれます。
鶏がらスープの素や和風だしの素を使わない時は、具材に鶏肉などを入れると、うまみを補うことができます♪

長谷川実穂先生

日本小児臨床アレルギー学会 小児アレルギーエデュケーター 管理栄養士
長谷川実穂先生
管理栄養士、小児アレルギーエデュケーター。昭和大学病院小児科研究補助員。「子供が喜ぶ食物アレルギーレシピ」(成美堂出版)など多数の栄養監修、「学校給食における食物アレルギー対応指針」(文部科学省)作成にも携わり、保育所や子ども食堂などで研修を行うなど、地域でも幅広く活動している。

https://www.city.aizuwakamatsu.fukushima.jp/docs/2021041500029/files/20210830_allergy_taiokensyu.pdf

人気のあったかレシピ