| ビーフンのケンミン食品

KENMIN KITCHEN みんなのレシピ

きのこたっぷり!あんかけ焼ビーフン

調理時間:20分
調理法:フライパン
カロリー:311kcal
塩分:3.6g
※ カロリーと塩分は1人前の値です。

お米100%ビーフンを「かた焼きそば」風に表面をパリパリに焼き上げ、旬の きのこ をたっぷり使ってあんかけにしました。
【中国料理研究家 三村佳代先生のレシピ】
秋らしいメニューに仕上げたかったので、きのこをたっぷり使いました。
また、いつものビーフンとは違う食感を楽しんでいただきたく、「かた焼きそば」風に両面をパリパリに焼き上げました。
めんの場所によって違う食感を楽しんでいただければと思います。

材料(1人前)

お米100%ビーフン:50g
塩(ビーフン下味用):ひとつまみ
米油(ビーフン用):3g(小さじ1弱)
お好きなきのこ(しめじ・しいたけ・えのき):60g
チンゲン菜:20g(1/5株)
にんじん:10g(1/10本)
米油:5g(小さじ1強)
【A】塩糀:7g(小さじ1)
【A】塩:1g(小さじ1/5)
【A】濃口醬油:5g(小さじ1弱)
【A】オイスターソース:3g(小さじ1/2)
【A】砂糖:1g(小さじ1/3)
【A】ごま油:1g(小さじ1/4)
【A】水:170㏄
 
【水溶き片栗粉】
片栗粉:5g(小さじ1弱)
水:20g(小さじ4)

作り方

1

きのこは石付きを切り落とし、えのきは2等分、しいたけは薄切りにする。
チンゲン菜は一口大にカットし、にんじんは千切りにする。

2

【A】と【水溶き片栗粉】はそれぞれ混ぜあわせておく。

3

鍋に湯を沸かし、ビーフンをたっぷりのお湯で3分間ゆでる。
鍋に塩をひとつまみと米油(3g)を入れてさらに1分ゆで、ビーフン流水でよく冷やしてしっかり水気を切る。

4

【ビーフン】
①フライパンをよく温めてから米油(5g)の半分を入れ、ビーフンを12cm程度に広げる。
②【弱火~中火】で薄く焦げ目がつくように約3分焼く。
③残りの半分の米油をビーフンの焼きめがない方に回しかけ、ビーフンを裏返してさらに約3分焼く。
両面焼けたら、先にお皿に盛る。

5

【あんかけ】
①フライパンに【A】・きのこ・チンゲン菜・にんじんを入れ、にんじんに火が通るまでひと煮立ちさせる。

6

②【弱火】にしてから【とろみ付け】を入れる。
よく混ぜて【中火】にして約1分加熱する。

7

お皿に盛ったビーフンにかけて出来上がり!

ひとさじ
メモ

ビーフンをゆでる際は、お鍋に最後の1分で米油を小さじ1入れると、めんがひっつきにくくなるとともに、フライパンで焼くときに全体的に焼き色がキレイにつきやすくなります。
あんかけのとろみが緩むのを防ぐために【とろみ付け】を入れてから【中火】にしましょう。

三村佳代先生

中国料理研究家
三村 佳代(みむら かよ)先生
新型コロナウイルスの蔓延をきっかけに、脱サラし、2021年7月に「食べながらキレイに叶える」というコンセプトで40代以上のはたらく女性に向けた糀を使った発酵調味料とせいろで作るギルティーティフリーな中華料理が学べるオンライン美・中華料理教室Éclat ShifÙエクラ シーフ)を開業。

https://eclat-shifu.com

中国料理研究家 三村佳代先生のレシピ