ビーフンのすべて All of Befun


ビーフンを知る

ビーフンが生まれたのは、秦の始皇帝時代!

ビーフンの起源は、紀元前220年頃、秦の始皇帝が中国統一を成し遂げたころの中国南部と考えられています。

北方の兵士が長江以南へ進軍した際、米を食べることに慣れていなかったため、米を挽き、めんにして食べたことが始まりだと中国の米粉文化博物館では説明されています。

その後、ビーフンは中国南部から台湾へ伝わり、お客様を
もてなす時の“便利な食材”として発達したと言われています。

来客があってから米を研いで炊くのでは遅すぎるので、
すぐに調理できるビーフンは重宝されました。

さらには、外出時の「携帯食」だったり、披露宴や宴会などの特別な行事にだけ使用される「高級食材」だったという説も
残っています。

ビーフンが生まれたのは、秦の始皇帝時代!



西日本?東日本?ビーフンを多く食べるのは、どっち?

日本でビーフンが食べられるようになったのは、
第二次世界大戦後。

東南アジア各国から引き揚げた日本人が、現地で親しんだ
「ビーフン」の味を忘れられず、食べ始めたのがきっかけだと
言われています。

特に九州地方は今日でもビーフンの個人消費量が多く、
関東地方の約2倍の量が食べられています。

西日本?東日本?ビーフンを多く食べるのは、どっち?



今や、ビーフンは世界食!

ビーフンは世界各国の食文化に合わせた国民料理として浸透しており、中国南部をはじめ、台湾や東南アジアでは
日常的に親しまれています。

また、アメリカやヨーロッパでは“グルテンフリー”というグルテンを摂取しない食生活が健康的な食生活として
注目され、さらに、小麦アレルギーの方からも支持を獲得しています。

ビーフンは国や地域によって名前・太さ・製法が異なりますが、アジアから世界へ拡がっています。

今や、ビーフンは世界食!



ビーフンに使われるお米の種類は!?

お米は大きく2種類にわけられます。

日本で主に食べられている粘り気が多い“ ジャポニカ米“ と粘り気が少ない“ インディカ米“ です。

ビーフンには粘り気の少ないインディカ米を使用しています。

インディカ米は北米・南米や東南アジアからインド地方にかけて生産されている品種で、ケンミン食品では
その中でもタイ産のお米を使用しています。

ビーフンに使われるお米の種類は!?

タイで生産しているお米にも様々な種類がありますが、その中でもケンミン食品が使っているお米は、
安全性が確認されている良質な硬質米だけにこだわって使用しています。

< 確認している安全性 >
  • 遺伝子組み換えでないこと
  • 不法な農薬を使用していないこと
  • 日本の残留農薬基準に沿っていること


ケンミン食品が使うお米への“こだわり“

ケンミン食品が使うお米へのこだわり

ケンミン食品が使うお米へのこだわり “ビーフン専用米の品種“へのこだわりケンミン食品が使うお米へのこだわり

一期作で作られる硬質米品種を中心に、タイで伝統的にビーフン製造に用いられる品種から日本人の食味に
合う品種を厳選して使用しています。

ケンミン食品が使うお米へのこだわり “米の産地“へのこだわりケンミン食品が使うお米へのこだわり

地域の名産として高い品質で生産を行う産地を指定しています。生産地に出向き、農家へ栽培環境の指導や
安全性を確認しています。

ケンミン食品が使うお米へのこだわり “日本の食味“へのこだわりケンミン食品が使うお米へのこだわり

お米の粘度特性を分析する機器を用いて、硬さや弾力を科学的に分析し、ケンミンのビーフンの品質に
ふさわしいお米かどうかを確認しています。また、お米を炊いて、日本人が香りや食感といった食味も確認しています。



“ビーフン”と“はるさめ“の原材料は同じゃないの!?

ビーフンと春雨(はるさめ)が同じ原料でできていると思っていませんか?

ビーフンは「米粉」から、春雨は「でん粉」からできているんです。

”めん”は、様々な原料から、様々な製法で作られています。

“ めん類の家系図 ” として、まとめてみましたのでご覧ください。

紹介!めん類の家系図!!

 

ビーフンと健康

ビーフンが食生活を変える

ビーフンは、世界が認めるスーパーフード!?

小麦アレルギー、グルテン不耐症、糖質摂取への配慮した食生活には、ビーフンは無くてはならない食材です。

お米でできたビーフンは、食物アレルギーの原因として3番目に多い小麦を使っためん類の代替品として利用でき、
同様にグルテン摂取が原因のセリアック病(小腸の粘膜が炎症を起こし、栄養の吸収が阻害される)、
グルテン不耐症や過敏症の方の小麦めんの代用食としても注目されています。

ビーフンは、世界が認めるスーパーフード!?

ケンミン食品のビーフン工場KENMIN FOODS(THAILAND)CO., LTD. では、製造ラインへの小麦粉の持ち込みがない
環境下で製造しております。

同工場で生産しております商品には、「小麦」などのアレルゲンを含む調味料を使用した味付きタイプの商品も
ございますが、商品種の製造切り替え時には、コンタミネーション*1がないようラインの徹底した洗浄や清掃を
行っております。

また、ビーフンは低GI食品としても糖質摂取に配慮をしたい方やアスリートにも支持されています。

インディカ種の硬質米に含まれるでん粉は、ビーフン製造工程の中でも加熱・冷却・乾燥の工程を経ることで、
お米をそのまま水と加熱した白飯とは違って低GI化されると考えられます。

ケンミン食品のビーフンは、パッケージにグルテンフリー認証マークや、低GIに関しては実際の測定試験による数値を
記載するなど、お客様が商品を選びやすいよう工夫しています。

*1 コンタミネーション: 「混入」という意味で特定原材料等が意図せずして製品に異物が混入してしまうこと。

「低GI」について詳しくはコチラ

「メタボリックシンドロームとは」について詳しくはコチラ

「低GI食品の機能評価」について詳しくはコチラ

「低GI食品の機能評価の考察」について詳しくはコチラ



「グルテンフリー」について

グルテンフリーとは、小麦などに含まれるタンパク質の一種である“グルテンを摂らない食生活“のことをいいます。

もともとは、セリアック病やグルテン不耐症・過敏症の対応食として始まりました。

その後、セレブやモデル、女優の健康管理やダイエットのための食事としての成功事例や、グルテンフリーが
パフォーマンス向上につながった世界的有名なテニスプレーヤーの書籍で紹介されたことがきっかけで、欧米で
健康やダイエットに関心のある人たちの間で人気になりました。

そして、その流れは日本の食品市場にも大きな影響をもたらしています。 「グルテンフリー」について ケンミン食品では2019年より海外向けにグルテンフリー焼ビーフン商品の開発を行い、販路を拡大しました。

グルテンフリー専用商品を海外向けに展開するメーカーは増え、スーパーではグルテンフリーコーナーの設置や、
飲食店ではグルテンフリーのメニュー提供を行うなど取り組みが活発化しています。

グルテンフリーは単なる健康ブームではなく、生活品質向上を目的とした食品選択の重要なキーワードとしての定着が
期待されています。

 

ビーフン豆知識

ビーフンができるまで

ビーフンは、お米をすりつぶして米粉を精製し、水を混ぜ合わせて、蒸す・冷やす・乾燥させる工程を経て、
できあがります。

ここでは、ケンミン食品のビーフン製造工場でありますケンミンフーズ タイKENMIN FOODS(THAILAND)CO., LTD.の
製造工程を紹介いたします。 ビーフンができるまで

「ビーフンができるまで」について詳しくはコチラ

ビーフンとパスタは同じ作り方!?

実は、ビーフンとパスタは、製造方式が同じです。

「押出し方式」といって、トコロテンのように、生地を穴の空いた板から圧力をかけて押し出して、
めんにする方式をとっています。

ビーフンとパスタは同じ作り方!?

ただ、ビーフンには「蒸す」加熱工程があり、パスタにはありません。その後、乾燥させるのは同じです。

ビーフンとパスタは同じ作り方!?

~ ビーフン豆知識 番外編その1 ~ 1 年間分のビーフンをつなげると、地球と月を 5 往復以上!?

ケンミン食品が年間に製造するビーフンをつなげると、
地球と月を約 5.3 往復できる距離に相当します。

1年間分のビーフンをつなげると月と地球を約5

1年間分のビーフンをつなげると月と地球を約5

~ ビーフン豆知識 番外編その2 ~ ビーフンづくりに必要な田んぼの面積はサッカーフィールド2,650面分!?

ケンミン食品がビーフン製造のために使うタイ米は、
年間約3,600トン。

それだけの量を確保するとなると、
サッカーフィールド2,650面に相当する田んぼが必要です。
ビーフンづくりに必要な田んぼの面積はサッカーフィールド2650面分!?

ビーフンづくりに必要な田んぼの面積はサッカーフィールド2650面分!?