| ビーフンのケンミン食品

KENMIN KITCHEN みんなのレシピ

生姜香る♪トマトビーフン

調理時間:15分
調理法:お鍋
カロリー:325kcal
塩分:4.8g
※ カロリーと塩分は1人前の値です。

中国料理のプロ 脇屋友詞シェフのオリジナルレシピ!トマトを炒めることで旨味を格段にアップさせ、生姜の香りで食欲がそそられる一品です。最後に入れる溶き卵がふんわり仕上がり、ビーフンとよく絡みます♪

材料(1人前)

味の付いていないケンミン汁ビーフンプレーン:1個
トマト:1/2個(75g)
えのき:30g
生姜:1片(15g)
卵:1個
塩こしょう:適量
太白胡麻油:大さじ1(12g)
【A】酒:大さじ1(15g)
【A】コンソメ顆粒:大さじ1(9g)
【A】湯:500㏄
 
■トッピング
あさつき:5g
粉チーズ:適量

作り方

1

トマトはざく切り、えのきは石づきを切り落とし、半分にカットする。
生姜は千切り、あさつきは小口切りにする。

2

温めた鍋または深めのフライパンに太白胡麻油(大さじ1)を熱し、生姜を炒める。

3

生姜の香りが出てきたら、トマト・えのきを入れて水分を飛ばしなら炒める。

4

【A】・ビーフンを入れてふたをして4~5分煮こむ。

5

塩こしょうで味を調え、溶き卵を回し入れる。

6

お好みであさつき・粉チーズをかける。

ひとさじ
メモ

先に油で生姜を炒めることで、生姜の香りを油に移します。

脇屋友詞シェフ

「Wakiya一笑美茶樓(いちえみちゃろう)」「トゥーランドット臥龍居(がりゅうきょ)」オーナーシェフ
脇屋友詞シェフ
上海料理の伝統を軸に旬の素材をふんだんに取り入れた身体に優しい中国料理は、幅広い層から支持され、テレビ番組や雑誌などにも出演。 ’10年厚生労働省による卓越した技能者(現代の名工)受賞、 ’14年秋の叙勲にて黄綬褒章を受章。
「YouTube」の脇屋シェフ公式動画チャンネルでは、ケンミン食品の商品を使った、「体に優しい翡翠ビーフン」や「汁なし担々ビーフン」など、シェフオリジナルのレシピが多数紹介されている。
詳細は、脇屋友詞の YUJI CHANNELをご覧ください。

https://www.youtube.com/@WakiyaYujiYUJICHANNEL

脇屋シェフのオリジナルビーフンレシピ