| ビーフンのケンミン食品

KENMIN KITCHEN みんなのレシピ

中国湖南省風スープフォー

調理時間:20分
調理法:フライパン
カロリー:508kcal
塩分:8.2g
※ カロリーと塩分は1人前の値です。

eo光チャンネル「ナジャ・グランディーバのチマタのハテナ」の番組で、中国出身ドラァグクイーン「ニーハオオシャミ」さんに絶品本格中華のスープフォーのレシピを教えていただきました!焦がしねぎ油の風味が食欲をそそり、ツルッと喉ごしの良い温かいフォー♪中国の湖南省風の透き通ったスープに魅了されます。ひき肉とザーサイ、揚げ焼きにした目玉焼きの、外はカリッ、中はとろ~り食感は悶絶級の美味しさです◎
【中国で いま大人気のフォー】
中国では広西省、広東省、湖南省、四川省、貴州省などの地域がフォーを食べる習慣があり、それぞれの地域で食べるフォーの味付けも異なります。
その中で一番有名なフォー料理は広西省の「螺螄粉(ロスフン)」になります。
タニシで出汁をとったスープにビーフンが入っており、臭くて、辛くて、酸っぱい味が特徴のフォーとして中国では大人気です。
※螺螄(luó sī)=タニシ 粉(fěn)=ビーフン
現在では、中国どの地域でも「螺螄粉」の専門店があり、どのスーパーマーケットでもインスタントの「螺螄粉」を購入することができます。

材料(2人分)

フォーグルテンフリー:90g
■ミンチ
豚ひき肉:150g
ザーサイ:80g
・濃口醤油:小さじ1(3g)
・酒:大さじ1(15g)
 
チンゲン菜:4枚
白ねぎ:10㎝分(25g)
卵:2個
 
鶏がらスープの素(顆粒):小さじ2(5g)
濃口醤油:小さじ1(3g)
塩:少々
油:大さじ2(24g)
■トッピング
青ねぎ:適量

作り方

1

ザーサイは細かく切る。白ねぎは薄い輪切りにする。

2

■ミンチ
温めたフライパンに豚ひき肉とザーサイを炒める。
細かくパラパラに炒めたら、濃口醤油(小さじ1)・酒で味をつける。
お皿に一旦、取り出しておく。

3

【目玉焼き】
フライパンを軽く油をふき取り、油(大さじ2)を温める。
両面焼きの目玉焼きを作り、出来たら一旦取り出す。
※残った油は後ほど使用します。

4

【焦がしねぎ油】
残った油に白ねぎを入れ、白ねぎの端が少し焦げる程度まで炒める。

5

沸騰したお湯にチンゲン菜の根本だけを30秒ゆでる。
30秒後、チンゲン菜を丸ごとお湯の中に入れて火が通るまでサッとゆでる。

6

同じお湯で、フォーを4分ふつふつとした火加減でゆでる。ゆでたらザルに取る。
※ゆで汁は後で使用します。

7

2つの丼ぶりに塩・濃口醤油(小さじ1)・鶏がらスープを均等に分け、フォーのゆで汁を180㏄ずつ注ぐ。

8

ゆでたフォーを入れ、チンゲン菜・目玉焼き・ミンチをトッピングする。
上から焦がしねぎ油をかける。

ひとさじ
メモ

手作りの焦しねぎ油を使用することで、市販のねぎ油より香りが高く、スープがさらにおいしくなります。豚ひき肉に酒を入れることでお肉の臭みを抑えます。ザーサイの塩分で豚ひき肉に味が付きます。

ケンミンキッチン 一日一レシピ
ケンミン食品が毎営業日お届けするレシピ配信企画「ケンミンキッチン 一日一レシピ」です。ケンミン食品社員から有名シェフ、学生から留学生までバラエティーに豊かなビーフンレシピを配信中。

フォーを使ったエスニック料理