| ビーフンのケンミン食品

KENMIN KITCHEN みんなのレシピ

ワンパンでできる!ゴーヤーチャンプルー焼ビーフン

調理時間:20分
調理法:フライパン
カロリー:367kcal
塩分:1.1g
※ カロリーと塩分は1人前の値です。

ゴーヤー1本使い切り!フライパン1つで完成!暑い夏でも簡単に夏バテ予防の1皿ができます!
ゴーヤーは「夏野菜の王様」と呼ばれるほど、ビタミンの多い野菜です。また、ゴーヤーに含まれる苦味成分(モモルデシン)には、食欲増進作用があると言われています。
暑い夏はしっかり食べたいけれど、調理はササッと済ませたいもの。焼ビーフンを使えば、ゴーヤーとお肉とお豆腐、卵を炒めるだけで、簡単に夏バテ予防にぴったりな1皿ができます!


材料(3人前)

ケンミン焼ビーフン:1袋
ゴーヤー:1本
豚ばら肉:100g
木綿豆腐:1/2丁(150g)
卵:1個
水:190㏄
米油:大さじ2(24g)
■仕上げ
かつお節:適量
ごま油:大さじ1/2(6g)

作り方

1

豚ばら肉は一口大に切る。
木綿豆腐は水気を切っておく。ゴーヤーは5㎜幅にスライスしておく。

2

フライパンに米油(大さじ1)を熱し、豚ばら肉を軽く炒める。
木綿豆腐を手でちぎりながら加え、さらに炒める。

3

木綿豆腐がきつね色に焼き色がついたら、ビーフンとゴーヤーを順番に重ねる。

4

水(190㏄)を注ぎ、ふたをして3分加熱する。【中火】
※加熱途中1分30秒でふたをあけ、ビーフンをほぐしてください。

5

3分後ふたをとり、水分を飛ばしながら炒める。
フライパンの端にビーフンを寄せ、空いたところに米油(大さじ1/2)を加え、溶き卵を流し入れて軽く火を通し、ビーフンと一緒に混ぜていく。

6

ごま油を回しかけ、鰹節をたっぷりのせる。

ひとさじ
メモ

木綿豆腐は包丁で切るのではなく、手でちぎるのがオススメです!手でちぎることで、包丁で切るよりも断面が粗くなるため、焼ビーフンの旨味がよりしみ込みやすくなります。
沖縄県民は「ゴーヤ」ではなく、「ゴーヤー」と呼ぶのが一般的だそうです。

商品開発担当 中根

「米粉専家」シリーズ商品のブランド担当。管理栄養士の資格を持ち、栄養面・味のバランスを意識したレシピ開発が得意。宝塚歌劇団・ハロプロをこよなく愛する、部内では明るいムードメーカー。

https://www.kenmin.co.jp/