| ビーフンのケンミン食品

KENMIN KITCHEN みんなのレシピ

すぐできるメイン料理!新玉ねぎとセロリの焼ビーフン

調理時間:10分
調理法:フライパン
カロリー:352kcal
塩分:3.0g
※ カロリーと塩分は1人前の値です。

フライパンひとつで、旬の新玉ねぎやセロリが美味しい焼ビーフンメニュー。卵や桜えびを使うことでビーフンに香ばしい風味をまとわせ、野菜本来の甘味も楽しむことができます。
【商品開発担当者考案レシピ】
焼ビーフンと旬野菜はフライパンで蒸し焼きにて仕上げるので、ふんわり仕上がった焼ビーフンが野菜の甘さをより引き立てます。鮮やかな色の野菜を使用した、彩り豊かな焼ビーフンをどうぞ♪

材料(1人前)

ケンミン 焼ビーフン:1袋
新玉ねぎ:40g(約1/5個)
セロリ:20g
ブロッコリー:1房(20g)
アスパラガス:1本(約20g)
卵:1個(50g)
桜エビ:小さじ1弱(2g)
米油:大さじ1/2(6g)
水:190cc

作り方

1

新玉ねぎはスライスし、セロリ・ブロッコリーは食べやすい大きさに切っておく。アスパラガスは斜め切りにする。

2

温めたフライパンに米油(大さじ1/2)を熱し、溶き卵を入れて加熱する。卵に火が通ったら、桜エビを入れて 香りが出るまで焦げないように炒める。

3

ビーフン→野菜を順に重ね、水(190㏄)を入れる。ふたをして【中火】で3分加熱する。
※加熱途中1分半でふたをあけ、ビーフンを一旦ほぐしてください。

4

3分後ふたを取り、水気がなくなるまで全体を炒める。

ひとさじ
メモ

桜エビは香りがでるまで良く炒めることで、風味が引き立ちます。

冷凍商品開発・企画リーダー 新田

冷凍商品開発の大ベテラン。第一印象は怖そうに見られるが、とっても優しい家族想いのパパ。夏は見えなくなるまで肌が真っ黒に焼ける。

https://www.kenmin.co.jp/

春野菜を使ったレシピ