| ビーフンのケンミン食品

KENMIN KITCHEN みんなのレシピ

低フォドマップ食の絶品レシピ-豚玉レタスの焼ビーフン

調理時間:15分
調理法:フライパン
カロリー:700kcal
塩分:1.3g
※ カロリーと塩分は1人前の値です。

ケンミンのお米100%ビーフンでお肉・野菜も栄養がバランスよく摂れます。レタスのシャキシャキ感・ピーナッツバターとすりごまの風味が香ばしい焼ビーフンとよく合います。
このレシピはFODMAPの多く含まれる食事を避けること(=低フォドマップ食)を目指す方に、米めんで美味しいメニューを食べていただけるよう、低FODMAPの食材を使用して作成しました。消化器内科医で日本低フォドマップ食推進会会長の宇野良治医師の認定を受け『低フォドマップ食』の商標を使用しております。

フォドマップ(FODMAP)とは…
小腸で吸収されにくい短鎖炭水化物(難消化性炭水化物)で、以下の食品群を指します。
Fermentable:発酵性のある食品
Oligosaccharides:オリゴ糖(例:小麦・たまねぎ など)
Disaccharides:二糖類、ラクトース(乳糖)(例:牛乳・ヨーグルト など)
Monosaccharides:単糖類、フルクトース(例:果物、はちみつ など)
And
Polyols:ポリオール(例:シュガーレス菓子 など)
厳格に行う際は医師や管理栄養士との栄養相談の上、低フォドマップ食を実施することをお勧めします。

材料(1人前)

お米100%ビーフン:50g
豚ばら肉:50g
卵:1個
レタス:1枚(50g)
にんじん:20g(1/8本)
たけのこ(水煮):20g
塩こしょう:適量
■調味料A
【A】濃口醤油:大さじ1/2(6g)
【A】砂糖:大さじ1/3(1g)
【A】塩:0.5g
【A】ピーナッツバター:大さじ1/2(6g)
【A】すりごま:小さじ2(3.6g)
 
■油
米油①:大さじ1/2(6g)
米油②:大さじ1/2(6g)
ごま油:大さじ1/2(6g)

作り方

1

野菜は全て細切りに、豚肉は一口大にカットする。
【A】は混ぜ合わせておく。

2

■ビーフンの下ごしらえ
①沸騰したお湯にビーフンを入れ、4分ふつふつとした火加減でゆでる。
ゆであがったら水洗いをしてしっかりと水気を切る。

https://www.kenmin.co.jp/recipe_admin/?id=&kw=&method=&genre=&item=9&theme=&inv=&date_s=&date_e=&view=1

3

②フライパンに米油(大さじ1/2)とゆでたビーフンをしっかり絡めて広げる。(※ここではまだ火はつけない。)
火をつけ、【中火】でビーフンの表面を焼く。
パチパチ音がしたら静かにひっくり返す。
これを約1~2分間繰り返し、器に取り出す。

4

温めたフライパンに米油②(大さじ1/2)を熱し、塩こしょうをした溶き卵を入れ、スクランブルエッグをつくり、一旦取り出す。

5

同じフライパンに ごま油(大さじ1/2)を熱し、豚ばら肉を炒める。
続いて、たけのこ・にんじんを炒める。

6

下ごしらえしたビーフン・レタス・スクランブルエッグ・【A】を加えて炒める。
塩こしょうをしっかりめに振る。

ひとさじ
メモ

ビーフンを入れる前に、具材をしっかり香ばしく炒めます。レタスはシャキシャキ食感を残すため、最後にサッと炒めましょう。唐辛子粉を入れると、ピリ辛味にもアレンジできます♪

ケンミンキッチン 一日一レシピ
ケンミン食品が毎営業日お届けするレシピ配信企画「ケンミンキッチン 一日一レシピ」です。ケンミン食品社員から有名シェフ、学生から留学生までバラエティーに豊かなビーフンレシピを配信中。

ビーフンを使ったおすすめの低フォドマップ食レシピ