レシピを探す

キーワードで探す

キーワードで探す

料理のタイプで選ぶ

食材で選ぶ

調理時間で選ぶ

商品で選ぶ

おすすめレシピで選ぶ

パラボク~フィリピンのパンシット料理~

パラボク~フィリピンのパンシット料理~ パラボク~フィリピンのパンシット料理~

ひき肉入りのえびだしあんかけソースをビーフンにたっぷりかけて食べるフィリピンの伝統料理です。フライドチキンやルンピア(フィリピンの揚げ春巻き)とよく合います♪
【日本経済大学ユネスコクラブ:フィリピン出身留学生考案レシピ】
パラボクは、フィリピンの伝統的なめん料理「パンシット」のうちのひとつです。パンシットは中国から伝来した料理とされていますが、パラボクはフィリピン発祥の料理です。パンシットはお祝いなどの特別な時に食べられることが多い料理ですが、日常的に家庭でも多く食べられています。今回はシンプルな味付けで日本のみなさまが食べやすい味にアレンジしました。

  • 調理時間:30分
  • 調理法:フライパンで
  • カロリー:393kcal
  • 塩分:2.6g

※カロリーと塩分は1人前の値です。

材料(2人前)

  • ケンミンお米100%ビーフン:100g
  • 豚ひき肉:100g
  • たまねぎ:1/8個(25g)
  • にんにく:1/2片(2.5g)
  • むきえび:4尾
  • コンソメ(固形):1個(5g)
  • パプリカパウダー:2振り(0.2g)
  • ガーリックパウダー:2振り(0.4g)
  • ブラックペッパー:適量
  • 塩:適量
  • サラダ油:大さじ1/2(6g)
  • アナトーソース

    • えびコンソメ(固形):1個(5g)
    • 水:200㏄
    • アナトーパウダー:小さじ1(2g)
    • 水(水溶き用):100㏄
    • 小麦粉:大さじ2(18g)
    • 塩:適量
  • ■トッピング
  • ゆで卵:お好みで
  • きざみねぎ:お好みで
  • チチャロン(豚皮スナック):お好みで
  • フライドガーリック:お好みで

作り方

  • 1.

    たまねぎとにんにくはみじん切りにする。

  • 2.

    ビーフンを15分間水に浸し、そのビーフンを沸騰したたっぷりのお湯で3~4分間ボイルする。

  • 3.

    【アナトーソース】鍋に、水200ccとえびコンソメ(固形)を入れて沸騰させる。

  • 4.

    えびコンソメスープが沸騰したら一度火を止め、水100ccで溶いたアナトーパウダーを入れ色をつけ、小麦粉を少しずつ加えとろみをつける。とろみがついたら、塩で味を調える。

  • 5.

    フライパンにサラダ油大さじ1/2を入れ、たまねぎとにんにくを炒める。

  • 6.

    にんにくの香りが出てきたら、豚ひき肉を加えて炒める。

  • 7.

    パプリカパウダー・ガーリックパウダー・ブラックペッパー・砕いたコンソメ(固形)を加えて味付けをする。

  • 8.

    4で作っておいたアナトーソースとむきえびを加え、加熱する。えびに火が通ったら、塩で味を調える。

  • 9.

    ゆでたビーフンをお皿に盛り付け、その上に、ひき肉のアナトーソースとトッピングを盛りつけたら、出来上がり。

ひとさじメモ

ビーフンは浸漬後(浸漬しなくてもOK)、素早くゆでましょう。えびコンソメがない場合は、通常のコンソメで代用し、むきえびの火を通す際にしっかりとえびエキスを出すように炒めましょう。トッピングにレモンやカラマンシー(フィリピンのスダチのようなもの)を添えると、より現地の本格さがupします!アナトーパウダーはフィリピン料理の色増しに使うメジャーな調味料です。
※アナトーパウダーとは、アナトー(ベニノキ)の種子をすりつぶした粉末で、天然の着色料として料理の色味増しに使用されます。

9/21(火)「国際平和デー」に合わせて、日本経済大学ユネスコクラブ所属の留学生5名が母国で慣れ親しんだお米のめんやライスペーパーを使った”世界のおうちごはん“ を日本のご家庭でも再現できるレシピとしてお届けしています。
【レシピ考案者:レンズさんの感想】
ソース作りがとても難しかったです。しかし、この料理には柔軟性があり、好きなトッピングをのせたり自分の好みに合わせて味付けすることができます。ケンミンの焼ビーフンは幅広い料理に活かせ、自分好みでどんな味にでも作ることができます。また、とても食べやすく めんに味がよくからみます。