| ビーフンのケンミン食品

KENMIN KITCHEN みんなのレシピ

あんかけ揚げビーフン

調理時間:30分
調理法:フライパン
カロリー:632kcal
塩分:5.0g
※ カロリーと塩分は全量の値です。

『シェフがつくるビーフンまかないレシピ』
~日本料理人が創るまかないビーフンレシピ~
【老松 喜多川】喜多川 達シェフ
お米からできたビーフンならではの、茹でて揚げたふわサクッもちっとした食感。
焼ビーフンの茹で汁で料理した絶品野菜あんと絡めながら、新感覚揚げめんをお楽しみください。

材料(1人前)

ケンミン 焼ビーフン:1袋
白菜:100g
人参短冊切り:15g
椎茸:1枚
豚肉:80g
絹さや:5本
薄口醤油 :小さじ~大さじ1/2
【出汁:500cc】
昆布:15g
かつお節:15g
【水溶き片栗粉】
片栗粉 :5g
水:10g

作り方

1

出汁(500㏄)で4分間ビーフンをゆでる。

2

ビーフンはおか上げして水分を飛ばす。
※丘上げ…水に漬けず、ザルにあげること。
※ゆで汁は後で使用するので、とっておく。

3

ビーフンを180〜190度の油でサクッとなるまで揚げる。

4

2のゆで汁をベースに薄口醤油で味を整えて、豚肉、野菜を加えて、水溶き片栗粉でとろみをつける。

5

ビーフンを食べやすい大きさに切り分け、器に盛る。
野菜あんをかけて完成。

ひとさじ
メモ

ビーフンの揚げ具合の目安は、ビーフンを箸で触って、箸にくっつかなくなってきたら揚げ時です。
片栗粉はダマにならないように良く混ぜて、火を弱火にした時点で加えてとろみをつけてください。

喜多川達シェフ

「老松喜多川」店主
喜多川達シェフ
大阪府枚方市出身。専門学校を卒業後、大阪、京都で14年修行。「祇園さ々木」の主人、佐々木浩氏に料理人、人間として大きな影響を受ける。その後、「一汁二菜うえの」で料理長を経て、2012年6月32歳で西天満に「老松喜多川」を開店。