ごあいさつ

安全・安心で、おいしいビーフンを、日本の食卓に。

ビーフンをはじめとするアジアの豊かな食や食文化を、日本の食卓に広めていきたい、これが私たちの創業以来の想いで、2019年3月8日に創立69年を迎えました。今日まで、日本にビーフンを広めて参りましたが、ビーフンという食品と「ことば」を定着することができましたのは、皆様が長年支えてくださったことと感謝申し上げます。

創業の原点を大切にする中で、消費の趣向は日々一刻と変化する現在、お客様の食生活により貢献していくため、研究と改良を重ねております。とりわけ、低カロリー、低GIで、アレルギーの心配も少ないビーフンは、おいしく、ヘルシーなめんとして、これからもますます食べていただく機会が増えていくものと確信しております。

また近年、注目を集めているフォーやライスパスタ、中国茶、中華冷凍食品など、アジアの食文化に関わる領域での商品提供が、私たちケンミン食品の本領とするところです。

そして何よりも、食品メーカーの第一の使命が、「安全・安心なものづくり」であることは言うまでもありません。主力商品の一つである「ケンミンビーフン」は米100%にこだわり、原料米の探求、数々の製造技術を積み重ねて、日本人に合う味・食感の完成に力を注いで参りました。

お客様から「ケンミンの商品は味がいい」と言っていただけることが、私たちにとって一番の喜びです。

安全・安心を第一に、素材を厳選し、製造工程に目を配り、私たち自身の“手”でつくった食品を責任を持ってお届けしたい。

これからもケンミン食品は、「ほんもののおいしさ」にこだわる姿勢を貫き、少しでも多くの皆様と食卓で出会えることを楽しみにしております。

2019年3月
ケンミン食品株式会社
代表取締役会長 高村一成

Rice to meet you! はじめまして!ビーフンで素敵なつながりを!

ケンミン食品のホームページにお越しいただきありがとうございます。
当社は、戦後日本に引き揚げられてこられた方から、現地で食べたビーフンを日本で食べたいという声にお応えするかたちで、1950年にビーフン製造を開始いたしました。
そしてその後、ビーフンを知らない、食べたことがない、どうやってつくればいいのか分からない、つくっても失敗するという課題を前に開発したのが「ケンミンの焼ビーフン」です。味付け済で、味付けや茹でもどしは不要。フライパン調理3分で本格的で美味しい焼ビーフンができる商品の発明によって、日本でビーフンは広がりました。
当社のものづくりは、お客様の声に真摯にお応えする姿勢をもっとも大切にし、美味しい、安全、高い品質であることは当たり前品質として、自社製、独自性にこだわった商品開発、米によってお客様の健康に貢献したいという願いをもとに歩んでおります。現在はビーフンをはじめ、フォー、ライスパスタ、ライスペーパーといった米のめんや食品を手がける専門企業となり、米めんの国内市場の約6割を担うリーディングカンパニーでございます。
この日本で育った当社のビーフンを、『日本のビーフン』として、世界に広げてまいりたいと思います。

当社の商品を通して、健康的で新しい食や食生活を提供し、その先のお客様の満足や笑顔、豊かな食生活の実現を願い、「HAVE A RICE DAY®」をスローガンとして、事業を行ない、会社の存在価値を高め、お客様に必要とされる会社を目指してまいりたいと思います。
ひとりでも多くの方のお役に立てることができれば幸いです。

令和元年 5月
ケンミン食品株式会社 代表取締役社長 高村 祐輝

※「HAVE A RICE DAY」はエム・シーシー食品株式会社の登録商標です。

当社の願い

ケンミン食品株式会社
  ↓
『 健 民 』とは、皆さまの健康のために貢献する企業

経営理念

我社は、ビーフンをはじめとするアジアの優れた食と食文化を
お客様に提供し、健康で豊かな食生活に貢献する

経営ビジョン

  • 1.我社は、「ビーフン」を、日本はもとより世界の食品にする
  • 2.我社は、アジアの優れた食と食文化を日本に普及させる
  • 3.我社は、お客さまのお役に立つ、物心ともに豊かな会社であり続ける